なんで下半身の悩みに増大サプリがいいの?

ペニスを増大させたい――そう思ったとき、考えられる選択肢はおもに次の3つです。

 

1 増大サプリプリメント
2 ポンプ器具
3 手術

 

当たり前ですが、どの方法にもそれぞれ長所と短所があります。当サイトでは、その長所と短所を踏まえた上で、増大サプリメントをお薦めしているわけです。その理由を詳しく説明しましょう。

 

増大サプリの長所3つ

ペニスに対するダメージがない

「増大ポンプ」はご想像通り、手動や電動のポンプでペニスを引っ張って伸ばす仕組みになっています。ペニスの主体をなす海綿体は、確かに伸縮性があるため、ここへ物理的な力をかけて大きくしようというのです。もちろん安全性を考えた設計になってはいますが、使い方を一歩誤れば、ペニスを痛めてしまう可能性がないとはいえません。

 

「手術」とは、文字通りの外科手術です。すべての手術には程度の差はあれ、常に危険が伴います。

 

一方「増大サプリ」は、他のサプリメントと同じように飲むだけです。ペニスに物理的な処置を加えるわけではないので、当然ながら精器を痛める心配はありません。

 

手軽に気楽に始められる

サプリメントは何でもそうですが、基本的に「飲むだけ」で済みます。他にすることはありません。量と頻度に気を付ける必要はありますが、習慣になってしまえば実に簡単なことです。

 

それに対してポンプを使う場合は、一瞬では終わりません。毎日のように一定時間を拘束されてしまうのです。一人暮らしならまだしも、家族と同居しているとしたら、ほぼ無理な話です。
手術をする場合、その精神的・肉体的な負担は半端ではありません。時間もそれなりにかかりますし、気軽に決断できる人はいないでしょう。

 

このようなポンプや手術の問題と無縁なのが、手軽さNo.1の増大サプリです。

 

なんといっても安い

器具を購入する場合、平均で2万円程度の出費を覚悟しなくてはなりません。性能と使い勝手のよい器具となると、4万円くらいになるでしょうか。確かに安価な製品もありますが、性能が劣っていたり、一日中付けていなくてはならなかったり……。まるで現実的ではありません。

 

手術にかかる費用にはかなり幅があるので、一言では言えませんが、概して器具より高くなります。心身の負担を考え合わせると、ハードルの高い手段と言えるでしょう。

 

それに比べると、増大サプリは比較的安価です。長期的に使用すれば費用もかさんでくるかもしれませんが、始めようと思い立った時に、大きな金額を投資する必要はありません。

 

よって、増大サプリがお薦め!

これまでに説明した増大サプリの長所をまとめると、「ペニスを痛めることなく、手軽に始められ、お金もあまりかからない」となります。

 

さらにサプリならではの長所があります。「友人や家族にバレにくい」ことです。サプリ容器のシートを剥がしてしまえば(または別の容器に移し替えてしまえば)、もはや何のサプリなのかわかる人はいません。友人や家族にサプリを飲んでいる姿を見られても、簡単に言い訳ができるのです。一方、器具が見つかってしまったら……? 言い訳の余地はありませんよね。

 

以上の点から、自信をもって増大サプリをお薦めするわけです。